スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

より細かい分析

模擬試験によって科目ごとの大まかな分析が終われば、
次は科目の中のより細かい分析に入っていこう。

例えば英語でいえば
不定詞はよく出来ているのに関係詞が全くダメ
というように単元ごとの差が非常に大きい場合があるよね。

この場合の対処は簡単で、
そのダメな単元を集中的に鍛えればいいのはわかるよね。

あるいは一見、
単元ごとによる得意、不得意など無いように見えることもあるね。

その場合は何が原因でつまづいているのかを
慎重に分析しなくちゃいけないね。

それがうまくいくと
「三単元のs」や「時制」のミスが多い傾向にあったり、
文型の理解がなく、語順が適当だということがわかったりするよ。

でもそれがなかなかわからないこともあるだろうね。
そのときは一番基礎的な部分から確認していくことが
一見遠回りのようだけど最善の方法になるんじゃないかな。

テーマ : 勉強と子供
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

プロフィール

えちのぽぽんた

Author:えちのぽぽんた

英語関連リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。