スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

得意科目と不得意科目

方針を立てるには情報の収集と分析が必要なんだけど、
まずは得意科目と不得意科目を把握することからはじめよう。

そのためには模擬試験を活用するのがいいね。
この「模擬試験」ってやつは目標を立てるときにも使える。
まさに一石二鳥の優れものなんだ。

で、得意科目と不得意科目を把握すると言ったけど
要するに「英語」と「数学」の二教科の得点について
どちらがどれだけで、その差はどうなのかを把握することなんだ。

あれ? ほかの科目は? と、思うかもしれないね。

もちろんほかの科目が必要ないわけではないんだけど
「英語・数学>国語>理科・社会」という優先順位があるんだ。
これについては、また別の所で述べたいと思う。

得意科目の得点を把握する目的なんだけど
それは、本当にその科目を得意としているのか、
あるいは単に比較の問題として
得意と感じているのかを見極めるためなんだ。

得意科目と君が考えている科目の得点が
それほど高いものでないのであれば
苦手意識が少ないことをを利用して、
まずはその得意科目を重点的に鍛えるべきだね。

得意科目の得点がある程度あるとして、
次にするのは得意科目と不得意科目の得点差の把握だ。

得意科目と不得意科目の得点差を把握するのは
どちらを重点的に伸ばしていけばよいかの判断基準になる。

差がほとんどないのであれば
負担が比較的少ない得意科目に重点を置くといいだろうし、
差が大きいのであれば
伸びる幅が大きい不得意科目に重点を置けばいいね。

テーマ : 勉強と子供
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

プロフィール

えちのぽぽんた

Author:えちのぽぽんた

英語関連リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。