スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何のために勉強するのか?

何のために勉強するの? と聞かれたとき
「勉強するのは世のため・人のため」と答えるのが
良いのではないかと以前に書いたことがあります。

私がなぜその考えに
しっくりくるものを感じたのかというと

もう少し突っ込んで
「人や生物はなぜ生まれてきたの?」という
宗教的な話になっちゃうのですが、
そこは少しお付き合いください。

とはいえ私は特定の宗教を信仰していません。
正月は神社へ、クリスマスを祝いという
ごくごく普通の(?)日本人です。

で、そんな私の浅はかなうろ覚えの知識から
お釈迦様のありがたいお話を書いてみます。

お釈迦様は人は苦しんで死んでいくのを見て
なんで人は生まれてくるのだろう?
と考えたそうです。

そこでいろいろ修行したり考えたりした結果
「人は全体の一部だ」と悟ったそうです。

ウサギが狼に食べられるというのも
ウサギの死が狼が生きるのに役立ったのです。
その狼が死んで、その栄養で草が育ち
その草をウサギが食べる・・・

というように全てはつながっていて
その人が生まれたことにより
それはどこかで何かの役に立っている、
もしくは今後どこかで何かの役に立つのだ

というのがお釈迦様のお話(本当?)だそうです。

で、話を戻して「なぜ勉強するの?」ですが、
このお釈迦様の話から
「勉強することによって、
 より大きく、何かの役に立つため」であると
理解させるのはどうかなぁと思ったりしています。

このように意識を持つことができた子供は
勉強に関しても恐ろしく強い子になると思われます。

それはそうでしょう。
自分は世の中の役に立つためにと
信念を持って勉強に取り組んでいる子に
自分のためだけに勉強している子が
勝てるはずがありません。

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

プロフィール

えちのぽぽんた

Author:えちのぽぽんた

英語関連リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。