スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張った

テストが返ってきて結果を聞くと
目標よりも悪いことがあります。
そのとき、ついつい
「頑張った結果なら、今回はしかたないね」
と言ってしまいがちですが、これはいただけません。

「頑張った」というのは、
結果が伴ってはじめて「頑張った」なのであり、
結果が伴わないのは「頑張りが足りない」のです。

よって、テストの点数を聞いたとき
目標よりも良かった場合は
「今回は頑張っていたからなぁ」と褒めるべきでしょうし、

目標より悪かった場合は
「もっと頑張れていたということだね」と
次回の奮起をうながすのがよいのでしょう。

結果とプロセス(過程)では
プロセスを重視すべきとの声もあるでしょうが、
テスト(特に定期テスト)では
間違いなくプロセスと結果が直結します。

つまり結果が悪いということはプロセスが悪いのです。
頑張ったけどテストの結果が悪かったということは
ありえないということです。

「頑張った」を言い訳に使わない、
ということを子供だけではなく
大人も肝に銘じておくべきでしょう。

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

プロフィール

えちのぽぽんた

Author:えちのぽぽんた

英語関連リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。