スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の口から「勉強する」と言わせるには

親の口から「勉強しなさい」と言ってしまうと
「今やろうと思ってたけど、やる気なくした」となり、
親・子供の両方にとって良い結果にならない
と言う話を以前しました。

それに対し、子供の口から
「勉強をしないといけないなぁ」と言わせることが
親・子供の両方にとって良いということです。

問題はどうすれば子供の口から
「勉強する」という言葉を言わせられるかですが、
それにはその前段階での準備が必要です。

親と子供の両方の間に「目標」についての
「共通認識」を持ちましょう。

「目標」には3種類あり、
「大目標」「中目標」「小目標」があります。
それぞれについての「共通認識」です。

では具体的に例を挙げてみてみましょう。

テストっていつからだっけ?
「来週の月曜日」
そうか・・・ところで○○の志望校はどこだっけ?
「○○高校」←(大目標)
その偏差値は?
「60」←(大目標)
じゃ、そのために今度のテストは何点とるの?
「全教科85点以上」←(中目標)
そのために何をするんだっけ?
「10時から1時間勉強する」←(小目標)
よく覚えてるねー。えらい、えらい。(ちらっと時計を見る)
「あっ、今から勉強するわ」

こうなれば理想です。
つまりこのような会話になるように
日ごろから目標についての話を
しておかないといけないと言うことです。

また、親と子の間の共通認識と言いましたが
なかなか中学生(または高校生)にもなると
そのような話ができないこともあります。(反抗期ですからね)

その解決方法もあります。
それについてはまた別の機会に書きたいと思います。

テーマ : 勉強と子供
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

プロフィール

えちのぽぽんた

Author:えちのぽぽんた

英語関連リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。